2022年3月に読んだ本を紹介します

読書記録

1か月に読んだ本を毎月まとめて記録することにしました。

1冊ごとの感想は別で書く本もあるかもしれません。(ないかもしれません笑)

本読み子

3月は冊数としては、まぁまぁでした

ビジネス本

セールスコピー大全(大橋一慶)

この著者さんの本は初めて読んだのですが、セールスコピーについてとても丁寧にわかりやすく解説しています。

余白しっかりありで会話形式で解説してくれるので読みやすいです。実際のコピーを例に出してくれているのでそこも良かったです。

ポチらせる文章術(大橋一慶)

セールスコピー大全より前に出版された本です。セールスコピー大全を読んだあとにこちらも手に取ってみました。

セールスコピーとかいったい何のことやらサッパリわからないという場合はセールスコピー大全よりこちらを先に読んでもいいと思います。

本読み子

書いていることは同じですが(笑)、導入偏としてはこちらの方がよりお手軽かも

 

コーチングが人を活かす(鈴木義幸)

コーチングの導入偏になるようなシンプルでわかりやすい本を探していたとたときに見つけました。

こちらの本、もともと随分前に出版していたものを著者さんのコーチング経験を踏まえてまた手入れして出版されたもの。以前読んだコーチングの本は難しすぎてさっぱりわからなかったのですが、こちらは非常に読みやすく感動しました(笑)。

仕事とかだけじゃなく日常の対人関係においてもコーチングってとってもいいと思います。「ちゃんと聞く」ってとっても難しいですよね。

ノウハウ系

シンデレラノートのつくりかた(手帳のじかん)

手帳のじかんさんはYouTubeで知りました。手帳術の発信をされている方・・・だと思います。

勢いのありすぎる若いユーチューバーさんは疲れますが、大人の静かな語り口のユーチューバーさんが好きです。たまたま見た動画で本を出版するという案内があって、興味を持って読んでみました。

正直なことを言うとあまり期待していなかったのですが・・(コラ)、読んでみてビックリ。

本読み子

すごい(語彙力・・・)

手帳をかわいくする方法とかはとりあえず置いておいて、目標達成に向かって自分をどう持って行くかみたいなお話がとても良かったです。(かわいい手帳の作り方も書いています)

行動最適化大全(樺沢紫苑)

紫苑先生の本は何冊か読んだことがあるんですが、この本を出版するまでに出してきた本をわかりやすくまとめた本と言っていいと思います。

それぞれのテーマについて書かれた本を全部読んだうえでこの行動最適化大全を読むのがベストだとは思いますが、なかなか時間が取れない・・ような方にもおすすめできる本です。

本読み子

紫苑先生の本を1冊だけしか買えないならこの本を買えばOKだと思います

紫苑先生の本はどれもスッキリしたデザインで(表紙とかじゃなくて中身です)読みやすいので、もっと深掘りしたい!と思ったら個別で買うのもアリだと思います。

 

コミック

東京エイリアンズ

地球には実は宇宙人もいて、AMOと呼ばれる警視庁の秘密の組織が悪い宇宙人を取り締まっている・・・みたいなお話です。

とにかく作画が良い。イケメンがいっぱいです(笑)

最初は完全にビジュアルから入りましたが読んでみたら一瞬で引き込まれました。2022年3月現在で4巻まで出版されているので一気買いしました。

kindle版も紙の本も値段が同じだったので、

本読み子

だったら紙の本一択です

と思い、紙媒体にしました。マンガは電子書籍にすることも多いです。やっぱり置き場所の問題はとても由々しき問題なので・・・。

まとめ

今月読んだ本はどれも当たりでした。何か一つこれが一番良かった!というものを選ぼうかと思ったのですが、甲乙つけがたく・・・1冊選ぶのはムリでした~。

積読本がいっぱいなので新しく買い足すのは控えたいのですが、ついつい買ってしまい

本読み子

バカなのかな・・?

と、積読本を見るたびに思ってしまいます(笑)。

\最後に↓の応援ボタンを押してもらえるとすごく嬉しいです!/

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
\読者登録もお願いします☆/
ほんよみびより - にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です